V6好きのためのサイト

三宅健の壮絶な生い立ちに隠された双子の姉の存在とは?

三宅健は今の笑顔からは想像できない生い立ちがあるといいます。さらにその生い立ちには隠されている双子の姉がいるという噂もあるんですね。三宅にはどんな生い立ちがあるというのでしょうか?情報を集めてみました。

 

三宅健がジャニーズに入所するまで

三宅健は1979年7月2日に横浜市で生まれ、その後香川県に移ったようで小学校、中学校と高松市の学校に通っています。幼い頃に父親を鉄道事故で亡くし、母の実家である香川で母子家庭で育ってきたんですね。父の死因について一部では自殺ではないかとも言われていますが鉄道事故というだけで詳細まではわかりません。三宅の叔母がジャニーズ事務所入りをすすめて三宅本人が履歴書を送り、合格しました。その後長男である三宅は新聞配達で家計を助けながらジャニーズのレッスンに通ったそうです。中学2年生の時にジャニーズ入りとなったのですが、同じ中学に通っていた人からは「ほとんど学校には顔を出さずいつの間にか転校していた」という話がありました。少しでも母を助けたくてジャニーズ入りを決めたという噂もありますね。こちらは幼少期の三宅です。

三宅幼少期画像1

 

三宅健に実は双子の姉がいる?

いろいろなところで家族構成について話す機会があると思うのですが、三宅は「母、弟」と公表しています。ですが、三宅に実は双子の姉がいて病気を持っていて親戚のところにいるとか、障害があって施設にいるなどの噂があります。
そしてYahoo!知恵袋で三宅の出身地である香川の話になった時に「今もお姉さんは高松市内のパン屋さんで働いてますよ。」という回答もあったりしたんですね。
ですが三宅は兄弟は元ジャニーズジュニアだった弟だけだと言っていますし、昔カミセンのラジオをやっていた時にも噂の話になって「俺なんて双子のお姉ちゃんがいることになってるからね!」と笑っていたんです。なので出所は不明ですが双子の姉がいるというのはガセネタのようですね。弟はこちら

弟画像2

最愛のお母さんは2010年に膵臓ガンで亡くなっていますが、早くに両親を亡くし辛いでしょうがこれからも弟と力を合わせて頑張ってほしいですね。

 


関連記事

コメント

    • 1
    • M
    • 2017年08月08日(火) 7:01 PM

    写真

ページ上部へ戻る