V6好きのためのサイト

三宅健がV6内いじめをコンサートで告白!?

少し前になりますがコンサート中に三宅健が「いじめにあってた」と告白し、ファンの間で一気に話題になったり、ネットで記事になったり、最終的には三宅が自分のラジオで説明しなくてはいけないまでになりました。今でも三宅健はいじめられてたのか?と話題にあがったりしているのでこちらで情報をまとめてみました。

 

ライブDVDには入れないで欲しい内容とは?

2008年のV6のライブツアー「VIBES」は09年1月7日にそのライブDVDが発売されたのですが、そのDVDに入れてほしくない内容があると話題になりました。それは三宅がいじめについて告白した8月3日のMCのことでした。三宅はよくいじられキャラだったのですが、その事がただの冗談ではなくファンの間で深刻化するような事になってしまったんですね。
もちろんネットでもファンが討論し合ったり、記事になったり、Yahoo!知恵袋では「三宅くんはいじめられてたんですか?」という質問がかなりありました。そしてこれではマズイと思ったのか、その全貌が三宅健のラジオで明らかになったんです。

V6画像1

三宅健自身がラジオで説明した内容とは?

本人もこんなに大きな問題になるとは思っていなかったと思いますが、2008年8月18日「三宅健のラヂオ」で「実は誤解を受けている部分が相当あると思うんで今日はちゃんと説明したいな、と思いまして。」と長々とその件について話をしていました。

(前略)健 )今回、コンサートのMCが2つあるんですけども メンバー6人いるんで着替えをしに行くんですけど トニセンが喋ってる間にカミセンが着替えて、着替え終わったカミセンが出てきて、カミセンが喋ってる間にトニセンが着替えると、そういうMCがひとつ。そして、もうひとつのMCも着替えをしなきゃいけないんですよ。そのためにMCって挟まれていたりするんですけど
で、まあ、カミセン、トニセンのMCはやったから 同じように、カミセン、トニセンと着替えてもつまらないだろうと言うことで 二人残して、後の四人が着替えると。
その間、残った二人がMCをすると。そういうMC部分が真ん中にあるんですよ。それをジャンケンで決めようと言うことになってたんですよ、まあ、それが8月1日からそれは始まったんですけど。で、ジャンケンをしてたんですね、でね、前年度を振り返りますと僕を“鎖で繋いでおけ”だとか、僕はそういう、いじられキャラになってたんですけど 今年もジャンケンをしていたら、健は絡みづらいから、もし最後まで残って健と組んだら自分たちが傷つく…みたいな、そんな雰囲気があったりとかしたんですよ(笑)それで、1日、2日、3日とやっていって2日が2回公演だったのかな?それで1日目かな? 僕がみんなから「先生」って命名されたんですよ。そしたらみんな先生とは組みたくないと、先生と組むのは罰ゲームだと(中略)
1日、2日の1回目2回目、という続くウチに状況はエスカレートしてゆくわけですよ(笑)先生とはやりたくねーホントに絡みづらいから自分が傷つくだけだみたいな そういうMCがあって。僕もそうだし、他の5人も、お客さんを楽しませるために面白がってやってたわけですよ。もちろん僕もそれに乗っかって、悪のりしてやってたんですけど。
ふざけまくって、バカなこといっぱいやって。んで、3日目も同じ流れで先生、ジャンケンどうしますか? みたいな話になって僕がその時、話をしたんですね。
「ちょっと待ってくれ」と冗談めかしてですけど「いろいろ三日間やってきたけど、話がある」と じゃあ先生どうぞって言われて僕が前に出て、「照明さん僕にピンスポを集めてください」って言って話し始めたんです。
「三日間、僕は我慢してきたけども、バカを演じ続けることにほとほと疲れた。これってイジメなんじゃないか」?! と
石 )ある意味で
健 )ある意味で。「これは新種のイジメ」だと。
「ここには沢山の子供達が、ちっちゃい子供達がいるのにこれを見てマネをしたらどうするんだ?」 と。
「それが学校で、面白いと思って子供達がマネをすることによってエスカレートして、どんどん大きなイジメに繋がってゆくんじゃないか」と。言うような話をしていてですね。
もちろん、冗談っぽく芝居がかって話していたから、みんな爆笑するわけですよ。それで笑ってる人に、
「今、笑ってるあなた! あなただってもしかしたらこれはイジメに荷担することになるかもしれないんですよ!」
みたいなこと言ったんですよ。…でまあ、それもうまく説明できなくて、まあ言いたかったことは、笑ってる人、笑われてる人って単純に言えば、美味しいと思って笑ってくれているわけじゃないですか。美味しいキャラクターだから。だけどそれって、美味しいとされている人にとって美味しいとかどうかってわかんないじゃないですか。
で、僕はそれをイジメに置き換えて言ってたんですけども、僕も咄嗟に思いついて話し始めたことだったんで、今でも内容が明確に憶えてないですけども、伝わってないんだと思うんですよね、言葉足らずで。で、僕の流れとしては、それを言って他のメンバーもいるから、メンバーが
「あ、そうかこれって、もしかしてイジメに繋がるかもしれないんだ」と。
「そうだよね、ちっちゃい子供達もいるし、よくないからやめようね」
「やめよう、やめよう」っていう話になるかなー、と思ってふっと後ろ見たら、他の5人がいないんですよ(笑)あれー!? と思ってそうこうしているうちに、僕は流れ的に、面白おかしくするために「そこのあなたたちはイジメ側に…」なんつったらお客さんを敵に回して! 1対1万人みたいになっちゃったんですよ!で、まずね、なぜ僕が先生って命名されているかって言うことも 3日だけを見た人って言うのはわからないわけですよ。ましてや、楽しみに観に来ているのに、なんで説教じみたことを言われなきゃいけないのか!?と思う人もいる。だから支離滅裂じゃないですか、状況的には。んで、そういう状況で、後ろ向いたら誰もいなくて修まりが付かなくなってきたわけですよ。
石 )なんでメンバーいなくなっちゃったの?
健 )はけちゃったんじゃないすか?
石 )単純に?
健 )単純に。面白いと思ってはけちゃったんじゃないかと思うんですよ
石 )ああ、そういうことか
健 )メンバーがいたら、チャンチャンで終わっていたと思ったんですけどならなくて
石 )つっこみがなかったんだね、つまり
健 )なかったの。で、みんなも出てきて、
急なことだから、みんなもテンパっちゃってる状態になり もう、明らかにお客さんがドン引きしているのを肌で感じてるじゃないですか。まあ、その話をうまく納めようとしたんですよ。その時言いたかったのは、まあイジメって、いじめている側がそのつもりがなくても、受け手側の気持ちによってイジメに繋がる。もしかしたらそれは、今こうやってみんなで笑っているけど自分たちの普段の生活に置き換えたら、そういうことってあるかもしれないですよ…ってことが言いたかったの。
だから、そういうのを考えた方がイイねっていう提示だったんですよ。僕の中ではね。別にその、お客さんが僕をいじめてるって事ではなくて。…っていう話だったんだけど、会場も大きいし、僕が言ってることの聞き違いもあるだろうし、思い違いもあるだろうし、受け取り方の違いもあるだろうし、たぶん100%伝わる事ってないじゃないですか やっぱり凄く短い時間の中で、それを喋ってるし。んで、2日かな?誰かが“先生っていう団扇が増えちゃうんじゃない? 明日には”って言ってたんです。で僕は、冗談っぽく
「資源の無駄だから団扇なんて作ってこないでください。もし欲しいんだったら買ってください」
ってことを言ってたんですよ。そしたら本当に、先生っていう団扇を持ってきた人がいっぱいいたの。たぶん、そうやって作ってきた子達からしたら“あたしがイジメに荷担してしまって…”っていう、たぶん凄くショックを受けた人も中にはいるだろうし、僕を傷つけちゃったって思う人も多々いるだろうから、それは大変申し訳ないことをしたと思っているんですけども…
で、そうなってコンサート後半。MCが終わって、始まるじゃないですか それでやっていく中で、僕が楽しく笑顔で歌っていてもその笑顔は本当の笑顔じゃないんじゃないかっていうような(笑)目で見ているって言うのがわかったんですよ。
あ、今、健君笑ってるけど、本当は、心としては笑えない状況にあるんだろうなと。いたいけな少年が頑張ってるみたいな感じに映っている人も本当にいたと思うの。だから、僕がそれを見ていると、痛いほどそれを感じるからぐさぐさ刺さってきて あ~どうしよう、って。コンサートって凄いなと思ったのは、ああいう場で1万くらいの人達からの想いとか、念っていうのがぐっさぐさ刺さって来るの。まあ、そんな感じのコンサートだったんですよ。でね、なんで、よりによって大阪最終日のコンサートにそんな話をっていうのが、いろんな憶測が飛び交ってると思うんですよ ファンの間で。僕が5人にいじめられているんじゃないだろうかとかっていう話もたぶん飛んでいるだろうし…。(中略)
やっぱりね、今イジメによって、若くして自らの命を絶ってしまう人もいたりとかする時代じゃないですか。まあ、そんな中、またある出来事がありまして
それは2日に、僕の知り合いの人が、お子さんを連れて観に来てたんですよ。で、その知り合いの人と会ったんですよ。ご飯食べて終わった後に。んで、子供に会って欲しいって言われて、始めた会ったんだけどそしたら、僕に会うなり、その子がいきなり泣き始めちゃって、ビックリして僕も。「どうしたの?」って聞いたんだけど、何も最初は言ってくれなくて、それでしばらく一緒にいたら、その子がなんで泣いたかってことを教えてくれて、そしたらその子は、どうやら学校でいじめられているらしくて その2日のMCを観て、いろいろ考えることとか感じることがあったみたいで凄く感受性の豊かな子で 5対1でいじめられているっていう図式が自分と一緒だったんだって。んで、イヤなんだけど断り切れなくて、その5人に人達が面白がるからって 悪ふざけをしなきゃいけないっていう状況が凄く似てたんだって。
僕がおどけてふざけて笑いながらやってる姿が自分に凄く重なって胸が苦しくて辛かったんだって。コンサートを観てて。で、僕と会ったときにその話をしてくれてその話を初めて聞いて、学校へ行こう!でもイジメの話をみんなでしたりだとか考えてたこともあったから、ビックリしたわけ。自分たちはお客さんを楽しませるために笑いを取るって意味合いでやってることだったはずが、まあそれは、悪ふざけがすぎた、度が過ぎたのかもしれないなって思ったし、笑ってる人も沢山いたけれども そうやって傷ついちゃったりとか、辛い思いをする人もいるんだってことを凄く僕は、胸に刺さったんですよ。で、どうしても子供が沢山いるっていう感覚では、いないんじゃないかと思ったのね。笑ってるのは大人達だから、それが小さい子供がそんな風に思うなんてほんと考えもしなかったし他の5人も考えもしないだろうし。あ、やっぱり自分たちが面白がって楽しませようとやってることで人を傷つけちゃってるだって、凄く思って。
で、僕は直接その子に会ってるし、話を聞いちゃったから思うところがあってMCでその話しを、でも真剣には出来ないから。たまたま僕は知り合いの人にそういうお子さんから話を聞けたけども
もしかしたら他にもそういうお子さんがいたかもしれないし 過去にそういう経験があってそれを思い出させちゃったりとか ま、そんなこと言ったらきりがないかもしれないけれどって思って、
まあ最終日だったんですけれども で、何かしらこういうのって良くないって事を伝えなきゃダメだなって思って かといって、そのお子さんの話をその場では出来ないし 楽しい場所なのにしんみりしたりとか重苦しくなっちゃうのもイヤだったから まあ冗談めかしてそれがうまく伝わればいいと思ってやったんですけど 会場も広いし、僕が意図していることだとか真意とか伝わらなかった。僕が言葉足らずだったことも大きいと思うんですけども。で、練りに練っている話じゃないし、僕の気持ちでそう思って、その子のことも思ったしイジメについて考えることもあってだからこれは伝えなきゃって、その時感じたことを オブラートに包みつつ言ったつもりだったんだけど また、それによって傷ついた人もいるかもしれないし 不愉快な想いをした人もいると思うし なんで最終日にそんな話をされて空気をぶち壊されなきゃいけないんだっていう人も絶対いたと思うんですよ。それは本当に、ごめんなさいなんですけども。(中略)
裏話としてはこういう事だったということでございます。やっぱね、影響力の強さって言うのを感じましたよ、肌で。だからこそ気をつけなきゃいけないと思うし 改めて、言葉で伝える事って難しいなって痛感しました。だから、もしね、V6の中でイジメがあるんじゃないか?! とか思っている方がいらしたりしたらそれは全くないんで誤解なきようにっていうことと あとは、先生っていう団扇を作ってきたりとか先生コールをしちゃった人達とか(笑)
石 )いたたまれない気持ちになっちゃった人とか
健 )そう、なんかね、夜も眠れないなんて事になっちゃったりしたら 私が健ちゃんを傷つけちゃったんだって思ってる人がいるとしたら たぶんいると思うんですよ、純粋な人達が多いから。だからそれは本当に違うので。これは僕がうまく伝えることが出来なかったわけで、簡単に言えば…不器用なんです(引用元:三宅健のラヂオ)

コンサート画像2

ということで実際は三宅がいじめられているというのを本気で言ったわけではなく、いじめについて伝えたいことが伝わらずに今回の事件に至ったというわけですね。誤解されているままの方がいたら「V6にいじめはなかった」と教えてあげてくださいね。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る